予約受付中【CD】Yukon Blonde / Critical Hit

¥ 2,400

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

こちらの商品は2018年12月19日リリースとなります

2019年1月来日決定!日本全国を縦断する12公演のツアーと同時に日本デビュー盤が発売!80’s, 90’sミュージックに多大な影響を受けたカナディアンメイドのシンセ・インディーポップバンド BeckやAir、The Kooksのプロデューサーを迎えて制作した、全曲がシンガロング可能なポップミュージック。

80年代のグルーヴィー(死語でも良い)なリズムが身体を揺らし、スイートなメロディー(死語でも良い)が人間関係について歌うファーストトラックの「Too Close To Love」タイトルからして甘酸っぱい夏の爽やかな思い出が蘇る「Summer in July (7月の夏)」は、そんな思い出がないという方にも擬似的な思い出を与えてしまう位映像が見える曲だ。
ポストパンキーなビートに乗せて出会い系アプリについて歌う「Feeling Digital」は、現代の出会い系アプリユーザーの心を鷲掴みにするだろう。「Crazy」でシンガロングなサビの後にハミングできるようなシンセサウンド・フレーズを持ってきたり、「The Bluffs」のシーケンサーサウンドもEDM以後のポップ・ミュージックの流れをきちんと汲み取っていて、単なる80’s懐古主義ではなく、しっかりと現代の音として鳴っている。「Painting On A Smile」や「This Is Spain」では、感動的で壮大なサウンドスケープを奏で、バンドとしての懐の深さを感じさせる。こうした楽曲が後半にあることで中だるみせず、次から次に聴きたくなってきて、ストップボタンを押す事が出来ない。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する