予約受付中【CD】Barbott - Curves

¥ 2,400

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

こちらの商品は2018年12月19日リリースとなります

スペインのバルセロナよりスペイン風The Strokesとも言えるバンドが登場 Arctic MonkeysやVampire Weekendなどに呼応し、本国ではThe Drumsのオープニング・アクトに指名されるなど 時代を担うバンドたちの信頼も厚い現在進行形バルセロナNo.1バンド。

このふてぶてしいロックシンガーの佇まいを見て欲しい。スペイン風のカリスマ性が溢れ出ていないだろうか。 バンドの特徴を語る上でリズムやメロディーについてだけではなく、雰囲気やスター性も語る事の出来るロックバンドだ。 Spotifyで33,000回再生された「Cream」が文句なしのリードトラックで、艶と色気のある声と毒気のある歌詞が多くのリスナーの心に刺さったのだろう。 我々日本人に地理的に近く心理的に遠い都市をタイトルにした「Pyongtang(平壌)」はDoorsを髣髴させる呪術的なボーカリゼーションとオルガンサウンドで玄人を唸らせる。 「It’s So Hard To Give」のマイナー調の曲はフラメンコのあるスペインだから出てくる、拳の効いたフックである。北米のバンドは良い意味で拳が効かない。どちらも好きだ。「Sun」でもそうしたルーツを垣間見る事が出来、決してUKやUSの音をフォローしているだけではなく、オリジナルの音を追求している姿勢が伺える。 Good!

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する