予約受付中【CD】Antarctigo Vespucci - Love in the Time of E-Mail

¥ 2,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

こちらの商品は2018年11月28日リリースとなります。

オルタナ、グランジ、パワーポップ 、パンク、エモ 、 全部を混ぜてギターを好き勝手にかき鳴らしたら、こんな音が生まれたフロリダのインディーロックバンド、Fake ProblemsとブルックリンのパンクバンドBomb the Music Industryの二人が組んだ 最強ユニット登場!

2013年、クリス・ファーレンは彼のバンドFake Problemsが 10年の活動を経た後に解散し、何をすべきか分からず、ニュー ヨークを彷徨って数日後、パーティーで彼の友人のジェフと出 会 っ た 。当 時 、ジ ェ フ ・ ロ ー ゼンストックは、ブルックリンに拠点を置くパンクバンドBomb the Music Industryのフロントマ ンを務めており、Fake Problemsもしばしばツアーで顔を合わ せていた。
クリスがジェフのアパートにギターを持って遊びに行くと、2人 はお互いをほとんど知らないのに気付いたが、しかし何かが 彼らのハートをクリックした。二人とも共同で曲を書いたこと はなかったが、ウマが合っている感覚を信じて数ヶ月後に別の セッションを計画した。その最初のセッションでAntarctigo Vespucciの最初のEP、Soulmate Stuffが制作された。
ブルース・スプリングスティーンのようでもあり、Bomb the Music Industryの過剰な感じとFake Problemsで歌われて いたバブルガム風メロディがとんでもない形で融合した異次 元の作品となった。
6ヵ月後、Antarctigo Vespucciは2番目のEPを早速自主制作 。その後1年目経ちLP、2015年のLeavin 'La Vida Locaを発 表した。(このタイトルは勿論リッキー・マーティンのLivin’ La Vida Locaにかけている。)
クリスと同じように、ジェフは10年間の活動の後、バンドの終 わりに到着し、2015年から2017年にかけて、ソロキャリアを ス タ ー ト さ せ 成 功 し た 。 ク リ ス は 「 パ ワー・ポップ 神 」( AVクラブと形容され、ジェフは「 生存するパンク・ロックソ ングライターのベスト」( ピッチフォーク)と呼 ば れた 。
その後三年が経ちAntarctigo Vespucciは、Polyvinyl Recordsとサインをし今作「Love in the Time of E-Mail」を 発表することになる。クローゼットで作られたこの作品で彼ら は音のパレットをエキサイティングな方法で拡大し、 シングル "White Noise"で聞けるようにファズ・ギターサウン ドの中にキャッチーなコーラスが歌われ、何度も聞いてしまう 作品となっている。こういう音楽って何回も聴いちゃうよね。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する